top of page
検索
  • 中野建築 中野

悩み解消『外壁塗装』



中野建築 中野です。


本日は、外壁塗装の依頼を頂き、完成致しました。


今回の外壁材はサイディング材を使用されております。


住宅の多くに使用されている外壁材です。


様々な種類、仕様があり、火災に強く、雨漏れも防ぎ、新築時には『どれにしようか?』と打合せで悩まれる事と思います。


しかし、この優秀なサイディング材にも2点『欠点』があります。



1つ目は、サイディング材とサイディング材の干渉する部分の劣化。



雨漏れの多くはサイディング材同士の干渉する部分(シーリング)が劣化し、隙間が発生し、


そこから雨が侵入して、雨漏れの原因となります。


多くの外壁の原因がこれによるものです。


これはシーリング材を打ち替えする事により、解決出来ます。



2つ目は、サイディング材の表面の劣化です。


表面が粉を吹いていれば要注意です。


サイディング材の表面の塗膜性能が、失われています。


こちらは、外壁の塗装を施せば、問題ございません。



外壁塗装材には、大きく4つの仕様があります。


※上からハイグレード


□フッ素塗装


□シリコン塗装


□ウレタン塗装


□アクリル塗装


今回は、ハイグレードのフッ素塗装を施させて頂きました。


耐久年数はおよそ15年、防水、防かび、防藻、耐熱、親水(雨、散水で汚れを落とす)装備を


兼ねそろえています。


様々な色があり、今回は紺色の引き締まった色をチョイスさせて頂きました。


『町を歩いていれば、そろそろ外壁改修しないと危ない』と思う家は多々見受けられます。


外壁塗装は、まだ大丈夫と先延ばしにいていると、


雨漏れ修理の方が高額になる事がありますので、注意深く観察して頂くと良いかと思います。


家のこと、塗装のこと、困ったことがあれば、ぜひ気軽に相談してください。


閲覧数:80回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page